SEO対策を軸とした総合的なWEBコンサルをご提供します。お客様のWEBサイトにおける売上向上を目的とした『SEO-Advance』です。

SEOを軸としたSEO-Advanceお問い合わせ
TOPページ | 会社概要 | 代表メッセージ | サービスの強み | コラム | 用語集 | 採用情報 | お問い合わせ |
コラム
2011年1月4日 『より真面目に頑張ります』

言葉というのは難しいな。僕が昨年末に特に感じた事です。 言葉が有している本来の意味と一般に意識されている意味との解離によく遭遇します。

例えば「管理」という言葉を聞いて、どういった印象を抱くでしょうか? これは個人的な感想になってしまうかもしれませんが、管理という言葉を聞いて僕が抱くのは「自由の対義語。締め付け。ハードル。」など、あまり良い感じのイメージではないのが正直なところです。しかし、「管理」本来の意味はそういう事ではなく、wikipediaによると以下のような事が本来の意味だそうです。

社会学において管理とは、組織においてある目的を効果的でなおかつ能率的に達成するために組織そのものの維持や発展を図ることである。また、企業においては企業の目的を達成しつつ活動を円滑にするためにといった諸活動のことである

なるほど。凄く良い事じゃないですか。一般的なイメージとは異なり、むしろスムーズな目的達成に向けた役割だと言う事がわかりました。言葉の本来の意味を誤解し、表層のイメージが自分の認識になっていた悪いパターンと言えるでしょう。しかし、繰り返しになりますが、こういった事例は数多くあります。

「SEO」という言葉も同じように誤解されている場合が多いような気がします。
Twitterやブログなどを見ていると一部の方ではありますが、SEOに対して凄く嫌悪感を抱いている方がいるように感じます。「SEOなんてものは無くなればいい」「SEO業者は消えろ」などなど、とても心を痛めるコメントが見受けられます。これらのコメントを目にし、彼らが嫌悪感を抱いてる部分に対して真摯に受け止めるとともに、誤解している部分については解いていかないといけないとも思いました。

「SEO」の目的は単に順位を上げるためだけではありません。例えば売上向上であったり、認知度向上であったりとお客様によって目的は様々です。僕達はそこで何ができるかというと「お客様のサイトが有効に活用されるようになることのお手伝い」だと考えています。インターネットのスタート地点。最近はSNSなども増えてきていますが、検索エンジンからインターネットを始める方も非常に多いと思います。まずはそこで検索エンジンユーザーに対してより大きな訴求ができれば素晴らしい結果が出てくるはずです。「SEO」というものはお客様やお客様のお客様にとって幸せを提供できると信じています。

「検索エンジンからの流入を増やしたい」と考えるのは当然の事であり、そのための「考え」や「提案」、そして「サービス」が「SEO」なのです。一部の方が仰るように「無くなっていい」ものでしょうか?

検索結果の順位を上げるというポイントを目的におき、そのために手段は問わない。それでは意味はありません。目的を見誤らず、真面目に「SEO」を行っていきたい。より強く思った2011年幕開けでした。

今年も宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ